横浜の分譲マンションの大規模修繕を行った体験をお話しします

防犯・安全対策への不安は居住者向け説明会でクリア

マンション購入15年目の大規模修繕工事実施の費用防犯・安全対策への不安は居住者向け説明会でクリア12年を目安に大規模修繕工事を行うのが理想的な間隔

大規模修繕を行う際には、事前に居住者向けに説明会がありました。
工事のスケジュールや工事期間の他にも工事中の注意点などを事前に詳しく説明してもらえたので、安心してお任せすることができました。
また、居住者の中には、意見を言う方もいましたが、住民全員が納得した上で工事を進めてもらえたため、工事開始から終了するまでトラブルは何一つありませんでした。
工事を行うにあたって最も心配だったのは、防犯対策や安全対策です。
マンション内に足場が組まれることもあるので、安全対策は大丈夫なのだろうかと疑問でした。
マンションには、小さいお子さんや高齢者も多く入居しています。
そのため、しっかりと防犯対策や安全対策を行った上で工事を開始することは何よりも重要だと思っていました。
また、足場を組んだことで部外者が部屋に入ってきてしまうのではという心配を抱えていた居住者もいました。
しかし、このような不安や疑問を全てクリアした上で工事がスタートし、安心して修繕工事をお任せできる業者に依頼したことで納得できる作業を進めていただけたと実感しています。

@murasakishikibu マンションが10年毎の大規模修繕工事に入っていて、壁の塗り替えや修繕をしているのです。
時期によっては、窓も開けられなくて。


足場が組まれているので、夜も防犯のため窓を閉めて寝ています(;^_^A

— さちこ (@butabato) September 17, 2011