横浜の分譲マンションの大規模修繕を行った体験をお話しします

12年を目安に大規模修繕工事を行うのが理想的な間隔

マンション購入15年目の大規模修繕工事実施の費用防犯・安全対策への不安は居住者向け説明会でクリア12年を目安に大規模修繕工事を行うのが理想的な間隔

大規模修繕のことを調べてみると工事は、約12年に一度のペースで行われるということが分かりました。
私が住む分譲マンションだけでなく他の管理会社も同じように12年を目安に修繕工事を行っているようです。
建物の築年数が10年を経過するとさまざまな劣化が目立ち始めるのも定期的に工事を行う理由です。
例えば、外壁にヒビが入ってしまい耐震性が落ちてしまうこともあります。
大規模修繕が行われるペースは、特に決まりはないようですが、定期的に工事を行うことで安全性を高め耐久性も守られるのではと思います。
なかには、竣工されてから一度も修繕工事を行っていないというところも少なくありません。
しかし、住民だけでなく周囲の建物やご近所の方の安全を考えるのであれば、定期的な点検や修繕工事を行うことは大切なことなのではないでしょうか。
私の住まいは、数ヶ月にかけて工事が行われましたが、安全性を取り戻し快適な日常生活を送れるようになっただけでなく、住まいの美しさまで感じられるようになったので大満足です。

マンション 大規模修繕 横浜東京、埼玉、神奈川、千葉